エンジン修理の作業内容や新品交換部品、トラブル対策について

スズキ軽自動車のエンジン修理ならファイターエンジニアリング

クラフトマン タフエンジンの仕様・作業内容

ファイターエンジニアリング 代表 ファイターコバちゃん

シリンダーブロックの作業内容

  • 洗浄 (液温60度洗浄液に浸け込み12時間、その後、洗浄)
  • 上面の平面修正・研磨、
  • 精密ホーニング (真円度測定済み)
  • シリンダー下面のテーパーカット (ピストンスカート部分縦傷保護)
  • 新規ダミーヘッドボーリング
  • クランクシャフトジャーナル ラッピング
  • クランクメタル クリアランス測定
  • コンロッドメタル新品 (モリブデン焼付け処理、ブラックメタル)
  • ピストン、ピストンピン、サークリップ、コンロッド(合計重量0.5g以内に調整)
  • コンロッド小端部 (オイルプールショット®、焼付防止処理済、耐久性UP)
  1. ピストン(※)
  2. ピストンピン
  3. ピストンリング
  4. コンロッドメタル
  5. サークリップ
  6. スナップリング
  7. コンロッドの交換
  • 強化クランクキャップボルト新品 (F6Aのみ)

1~6は、全て新品交換です。7は、9割が新品交換します。(1割は精密測定済良品のみ再使用)

 

弊社オリジナル(※)
【新品】0.1mmオーバーサイズピストンを使用します。
日本製、高強度・高耐久。レース参戦にて使用(テスト済み)

 

これにより排気量は、純正状態である657.7ccから実測計算で659.6ccとなりますが、660cc以内であり、合法です。
(車検証にはこの657.7ccが0.65Lと記載されています)

 

車検でも問題ございません。

 

シリンダーヘッドの作業内容

  • 洗浄 (液温60度洗浄液に浸け込み12時間、その後、洗浄。)
  • ヘッド下面、平面修正
  • バルブシートリングのカット、すり合わせ (K6Aは新品排気バルブ使用)
  • ラッシュアジャスターのエア抜き、油圧チェック(F6Aツインカムエンジンの場合)
  • バルブフェース研磨 (バルブ曲がり修正)
  • バルブスプリング張力測定 (中古品で測定後、選別、組み込み)
  • オイルポンプ油圧アップ(シム調整)
  • オイルシール純正品、新品 (社外品は品質が悪いため)
  • 排気バルブ、新品(K6Aの場合)
  • ポート研磨 (吸気、排気) (作業工程6時間)
  • シートリング内径拡大 (吸気、排気の効率アップ)
  • ファイターブラックメタル
  • 油圧アップオイルポンプ
  • ヘッド&ブロック平面修正+メタルヘッドガスケット
  • タペットカバーのペイント(※)

※ 赤、白、青、黒、オレンジ、銀、黄色より選択可。選択しない場合は青色。

 

補器パーツの内容 (F6Aエンジンのみ)

  • タイミングベルト
  • ウォーターポンプ (アイシン製)
  • ベルトテンショナー

※ 弊社ロゴ1ケ所入り、青色・強化タイミングベルトございます。F6Aツインカム用、F6Aシングルカム[JA11-2~5型・JA12用]

 

ファイターエンジニアリングのエンジン職人の技が光る!

ファイターエンジニアリングの『クラフトマン タフ』エンジンは、ポート研磨+マル秘作業を施し、ハイブースト(ブースト圧1.2kg/cm2対応)にも対応するエンジン。

  • 国産・新品の0.1mmオーバーサイズサイズピストン使用。
  • K6Aエンジンの弱点対策済み新品バルブ使用。

ファイターエンジニアリング 『クラフトマン タフ』エンジン

なぜ、0.1mmオーバーサイズピストンなのか

確かに去年までは、自社にてシリンダーホーニングして、シリンダー内部の傷取りと真円度アップのため、測定及びホーニング研磨しておりました。

 

しかし、下取りエンジンとして返って来る返却エンジンの歪(ひずみ)が、当然ですが年々大きくなり、(年月が経過すればする程、通常は走行距離が伸び、エンジンはその間、懸命に働いている訳ですから、当然ですね。)

 

とうとう、純正ピストンの大きさから測定する、ピストントシリンダーのクリアランスが0.025~0.045mm(基準値)を、超えるようになってしまいました。

 

この様なブロックは、当然使えないので、良好なシリンダーブロックの確保はどんどん難しくなり、◎最適最良の開発が迫られてきました。

 

過去には、スズキからエンジン補修部品として、0.25と、0.5mmオーバーサイズピストンが、販売されていましたが、現在入手が難しい状況であることと、この、オーバーサイズピストンを使うと、軽自動車の排気量の規定である660ccを、計算上、超えてしまい、0.5mmオーバーサイズピストン使用の場合、排気量が660ccを超え、667ccになってしまいます。

 

そこで、ファイターコバちゃんが、考えたのは、規定の660cc以内であり、かつ、シリンダー内部を、必要最小限のボーリングで真円に戻し、適正な新車状態の組付精度に戻すことでした。

 

これが、今回完成した0.1mmオーバーサイズピストンです。(他社様には申し訳ありませんが、当社オリジナルの非売品です)

 

これを使うと、排気量は、純正657.7cc(※1)から、実測計算で ◎659.6ccとなり、「660ccを超えない合法なオーバーサイズピストンの製作」 に、1年がかりで、やっと、、到達することが出来ました!

 

(※1 通常「660cc」と呼ばれ、車検証では「0.65L」と記載されています。)

 

今まで以上に、高品質、高耐久、実現しております。

 

たとえ15年、15万キロ以上使用されたシリンダーブロックでも、精密加工により精度を高め、新車と同等の精度での製作・組付しております。

ファイターエンジニアリング 『クラフトマン タフ』エンジン

~真円へのこだわり~

◎シリンダーブロック上面、面修正
◎新設計・新品!0.1mmオーバーサイズピストン
◎新規ダミーヘッドボーリング

※排気量は657cc→659ccになります。(上記※1参照)(0.1mmオーバーサイズピストン×3、ピストンピン×3、ピストンリングセット×3、スナップリング×6)
※コンロッド小端部×3は、オイルプールショット®焼き付き防止処理済み。クランクシャフトジャーナルはラッピング処理済み!

 

K6Aエンジン特有の弱点を発見し、対策済みエンジンとして、高品質・高耐久性品をコンプリート製作しております。

 

※エンジン製作仕様は、改良等のため、予告無く変更する場合がございます。

 

※タフをご注文で、色指定が無い場合は青色になります。ハイパフォーマンスをお求めの方にお勧め!最高の耐久性と品質で、レース仕様車はもちろん、ノーマル仕様車のお客様達にも、大変喜ばれている、発売以来の一番人気&オススメ商品です!

 

低速から高回転まで、滑らかで力強い加速をぜひ、あなたのお車で体感して下さい。

 

排気量レギュレーションのあるレース参加者・通勤快速の方へは、低コストハイパフォーマンスを約束。

 

ぜひ、タフで愛車のエンジンの生まれ変わりを体感して下さい。

 

※ 上記エンジンの価格は現物修理、又は下取りのエンジンを戴ける場合の価格です。無い場合は、お問い合わせ下さい。

 

※ 弊社エンジン出荷時送料ち、下取り用エンジンの送料は、弊社が負担致します。
(北海道、沖縄など離島地域の場合のみ、合計6000+税円戴いております。)

 

※ エンジンのお届け先は、お客様ご指定の全国の修理工場様へのご発送も可能です。

 

※ エンジンや部品のご注文時には、車検証をFAX戴くか、初度検査年月、車台番号(HA22-000000等)、原動機の型式を必ずお伝え下さい。
(FAXや、弊社から返信が出来る設定のメールでご注文戴けますと、より確実です。)

 

迅速で確実な適合品お届けの為、どうかご協力をお願い致します。

 

※ もちろん、お車お持込修理も大歓迎!遠方のお客様のお持ち込みも大歓迎!全国のお客様にご利用戴いております。代車無料。陸送手配も致します。(陸送見積もり無料。陸送代別途。)

ファイターエンジニアリング 『クラフトマン タフ』 エンジンのお申し込みはこちら

クラフトマン タフエンジンお申込み

 

ファイターエンジニアリングお問い合わせメール
ファイターエンジニアリング 『クラフトマン タフ』エンジン


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ どんなエンジン? こんな方へ エンジン仕様説明 製作者紹介 よくある質問